総合診療医という選択

総合診療医という選択

Identity 総合診療医への期待

Identity 総合診療医への期待

何故今
求められるのが
総合診療専門医
なのか?

Generality1

患者を多角的に
診る。

多くの人が健康上の不安や課題、
特性を
いくつも抱えながら
生きるこの時代。
患者を360度診られる
幅広い知識と視野が必要です。

ひとつの臓器にとどまらず、
それぞれが影響する関係や原因を
推論できる高い診断力と、
他の診療科との連携を
見極める力が求められます。

Generality1

家族・生活背景まで
診る。

病には、背景があります。
日常生活における心理的な悩みを
抱える人も増えるなか、
家族の関係性や職場の環境など、
病の根っこにアプローチする
医療が求められています。

患者個人の治療はもちろん、
その生活を支える家族も
まるごとケア。

良き伴走者として、
医療・福祉専門職だけでなく、
学校、職場とも連携し、
患者の暮らし方に合わせ
合わせコーディネートします。

Generality1

家族・生活背景まで
診る。

慢性疾患を抱えながら
一生を終えるひとが
6割ともいわれる今、
病や障害とともに
生き抜く時代がきています。

医療の守備範囲は、
保健や福祉、介護にとどまらず、
住宅環境や働き方、
まち全体の行政計画にまで
行政計画にまで
広がっているのです。

求められるのが
住民の医療ニーズを把握し、
それを地域に反映する力。

このような能力を備えた
19番目の専門医が
「総合診療専門医」です。

その先駆となる医師たちの
働きをご覧ください。